ランニングが訓練から楽しみへと変化した理由

TOPICS

ランニングが訓練から楽しみへと変化した理由

ランニングが訓練から楽しみへと変化した理由 ランニングと言えば一昔前なら苦しみが伴うアスリートなイメージでした。それこそ減量をするためだったり、体力づくりを目的としてストイックに打ち込むというものだったように思います。それが今では楽しむために走るというエンジョイランニングのスタイルが確立され、日本中でブームとなりもはや定番化したようです。ここまで発展したのはいくつか理由があるはずですが、大きな貢献をしたものの一つとして音楽プレイヤーの発展があると考えます。

カセットタイプのウォークマン時代は音飛びという現象がありました。もちろん防止機能を搭載しているものもありましたが、スポーツ用に設計されたものはなかったように記憶しています。その後に出た、CDやMDに関してもこと走りながらの使用という点に関しては音飛び問題が常に悩ましいテーマとして付きまとっていたように思います。ですが現れるのです、まさに彗星のごとく市場に登場したそのプレイヤーはライフスタイルにまで変化をもたらすほどのインパクトが確かにあったのだと今なら言えます。MP3プレイヤーを代表するテープやCDではなくメモリに音楽を次々と入れるタイプのこのメカが走りのパートナーとなったのです。運命の出会いを果たした走りとこのメカはランニングをエンターテインメントに変えました。そんなランニングの歴史を考えながら走るのも秋の楽しみの一つと言えます。
Copyright (C)2014ランニングが訓練から楽しみへと変化した理由.All rights reserved.